東京と大阪を結ぶ高速夜行バスに乗ってみましょう

東京と大阪を結ぶ高速夜行バスは、共に東京駅・新宿駅〜大阪駅近くのバスターミナルをメインに発着し、7時間台〜9時間台の所要時間を掛けて運行されています。

富士登山ツアー情報がさらにわかりやすくなりました。

東京〜大阪を結ぶ夜行バスの料金は最も安い場合では3千円台から設定されており、高い場合は2万円前後の高価格帯となっています。


バス会社によって大阪市内の大型テーマパークや神戸といったエリアまで路線が延長されており、ビジネス・観光といった使い方が出来ます。



低価格帯の夜行バスで使われている主な車両は、定員が40人〜50人と多くの人数が乗車できる4列シートが多く、トイレなし車両の場合は2時間〜3時間おきに途中のSAやPAで10分程度のトイレ休憩を行います。


休憩が出来る路線の場合はお土産や軽食を買う事も出来るので、会社や家族へのお土産を買うのを忘れていた場合に有効活用しましょう。


高価格帯の車両はハイデッカーや2階建てタイプの独立3列シートや2列シートがメインであり、トイレも女性が使いやすいように広めに改造しているバス会社も増えています。なお、最近では女性客が増加した事によって女性専用エリアや女性専用バスの導入が増えているので、長時間乗車で不安を感じる場合はチケット購入時に女性専用席を確保しておくと良いでしょう。

それに加え、ターミナル近くにある温浴施設を割引価格で使えたりラウンジを無料で使えるといった特典を導入している会社もあり、快適に移動をしたい場合に利用してみて下さい。