東京夜行バスの特徴と乗車方法

東京夜行バスの行き先は、北は東北・西は九州・中四国エリアといった遠方までの路線網があり、新幹線や航空機よりも割安に利用できる路線がほとんどなので交通費の大幅な節約が可能となります。

ナガシマの宿泊情報があります。

乗車日の1か月前からチケットを買えるバス会社が多く、早期購入割引を導入している会社の場合は早めに買っておくと割引率が高いです。

東京夜行バスで使われている車両の多くは、4列シートや通路が2本ある独立3列シートが一般的であり、格安で乗車定員が40人〜50人といった大人数が乗れる車両は4列、居住性を高めた定員が少なめの車両は3列が多くなっていて、4列シートの場合は後部にトイレ・3列シートの場合は中央か後部にトイレが設置されています。

一部の4列シートはトイレなし車両があるので、長距離便の場合は2〜3時間おきに1度トイレ休憩や乗務員交替を行い、その際は必ずトイレとストレッチや揉みほぐしを行っておくと下半身のむくみ防止が出来ます。3列シート車両は乗務員交替の運転停車のみが行われる路線もあるので、トイレ休憩に関しては車内でしておくと良いでしょう。



座りっぱなしはむくみ以外に肩こりや背中に負担が掛かる事から、周囲の迷惑にならない程度に体を伸ばす事が大切です。



東京夜行バスは最終の航空機・新幹線が出た後に出発するケースが多い事から、夜遅くまで滞在出来て飲食やイベント参加が可能なので、スケジュールをしっかり立てて出発前を楽しみましょう。