夜行バスに乗って東京と大阪を移動する

東京都内と大阪府内を結ぶ高速夜行バスは、新宿駅〜大阪駅といったメイン路線以外にも東京多摩地域始発だったり大阪市南の堺や岸和田・大阪湾に近いUSJ等に乗り換えなしで行く事が可能なので、東京から向かう場合は現地での交通費を節約できるメリットもあります。
夜行バスのシートは、スタンダードな4列シート・独立3列シートがメインとなっており、独立3列シートに関しては一人あたりの面積が広いので快適性がややアップしています。

高速バス大阪を知りたいならご活用ください。

出発時と到着時以外は就寝となるためにカーテンが閉じられている時間帯が多いのですが、両方のアームレストを使える・隣の乗客に自分の寝顔を見せずに仮眠が出来るといったメリットもあるので、多少寝相が悪くても問題ありません。

夜行バスに乗るためには予約とチケット購入が必要ですが、バス会社の多くがインターネットで全てが完結できるようなシステムを構築しているので、会員登録をしておけば家や外出先であっても予約とチケット購入が可能となっています。



もちろん有人窓口でも購入する事は可能であり、混雑が予想される便の場合はできるだけ早めに席を確保しておくと良いでしょう。
乗車の際に持参した方が良いグッズは、快適に乗車出来る耳栓・アイマスクや音楽を聞くためのスマートフォンやmp3プレイヤーがあると長時間乗車であっても気持ち良く過ごせます。



ペットボトルの飲み物も必ず持参した方が良く、1〜2時間に一回程度は水分補給をしておくと体液の循環が促進してむくみ防止につながります。